CUBE Walker

超高速開発を支えるツール

超高速開発のヒミツ

CUBE Walkerは、常に進化し続ける自社開発の「システム構築ツール」です。
お客さまからも、画面作成の速さや、機能追加、改訂のカンタンさに定評があります。

使用できるデータベースが、非常に幅広いのも特徴です。
代表的なものは、すべてカバーしています!

  • SQL Server
  • Oracle
  • アマゾン ウェブ サービス(AWS)(クラウド)
  • Microsoft Azure(クラウド)
  • PostgresSQL
  • MySQL
  • Access

現在ご使用中のデータベースは、そのまま使えます。
これからデータベースを用意される場合、選べるデータベースは、ほぼ制限なしです。
予算の規模や用途に応じて、選択肢が豊富です!

CUBE Walkerのスペック

CUBE Walkerの特徴

  • ODBC接続対応、Access、PostgresSQL、MySQLなど多種DBに接続可能
  • データ更新機能
  • マルチDB、マルチセッション対応
  • MOLAP+ROLAPのハイブリッドOLAP(キューブ)可能
  • 既存システムのデータベースを活用可能
  • 帳票出力、Excelデータ出力、CSV出力

リレーショナル・データベースのほか、分析に最適なキューブのデータにもアクセス可能。
ひとつの画面から、リレーショナル・データベースと、キューブの両方にアクセスすることも可能です。
BIシステムに限っても、これが可能なのは、世界中でCUBE Walkerだけと言えるほどの、強みです。

あらゆるデータベースに接続できるので、会議資料など、Excelグラフ作成にも役立ちます。
「使いたいデータが他部署にあるけど、データベースの種類が違うから見られなくて……」
そんなお悩みも、おまかせください!

弊社のすばやいシステム構築は、これらで実現させています

  • CUBE Walkerでの開発
  • アジャイル型開発をベースに考案された、独自の開発手法

お客さまがシステムを使われたとき、操作性のよさや、レスポンスの速さ、改訂の容易さに驚かれることと思います。
「超高速開発」という言葉に、ご納得、ご満足いただける情報システムをお作りします。